泥魚亭好日記 〈美しさを楽しみ夢を育てる〉



<   2007年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


不二屋

 またぞろ食品会社で消費期限、賞味期限切れの原材料を使った商品作りが発覚し、社会問題になっている。
 ぺコちゃんのキャラクターで有名な不二屋である。子供のころからミルキーという甘いお菓子には随分お世話になっただけに、なんとも切ない事件である。

 不二屋は、何故「不二」屋なのだろうか。創立者が「藤」井さんという方だから、そこから来ているのだろうか。それとも創業した二人の志は一つであったという思いを込めたものなのだろうか。会社の沿革に記載がないためよくわからない。

 「不二」は達磨さんが達観した禅の真理である。二つに見える物事も、それは一つのことの裏表であって、基本的には一つなのだといっている。

 不二家は「儲ける」目的のために「ごまかす」という手段をとった。「儲ける」という目的のためには「美味しい商品」という手段が来なくてはならないが、「ごまかす」という手段をとった。
 目的と手段は二つの事に見えるが、目的は手段を、手段は目的を拘束する。二つのことをひとつのことのように考える。二つを全く別のこととして考えるところに生き方の弛緩が生れ、崩壊が生れる。二項対立的な考え方は正しくない、と達磨さんは言っているのである。

 「正義」のために「人を殺す」。しかし「人を殺す」ことによって得られる「正義」とは何なのか。誰かが「戦争に正義などと言うものはない」と言い切っているが、二元的な考えそのものに矛盾が生れるのである。
 国家が使い分けるダブルスタンダードは、「自国」と「他国」を対立的に捉えるところから始まる。アメリカが核兵器を持つのは平和のためだが、北朝鮮が持つのは戦争のためであるとかである。
「国益」を得ると言う目的の前に、他国の国益も同時に考えるとか、その国益が自国の一部のものになっていないとか、目的と同時に手段の正当性もよくよく吟味することがが必要である。

 達磨さんは「自他不二」の考え方を説く。自他が認め合う、許しあう。二つが「落ち着く」調和を求めて生きていくことの重要性を訴えているのである。
 二つが一つになろうとするベクトル(運動)の中に一つになったイメージが生まれて来る。そのイメージのデザインに向かって努力をする先に、限りなく一つになった二つがある、ということではないか。

 プロジェクトOIJは、「大学再生」と「地域活性化」という二つの目的を持っているが、言うまでもなくこの二つの目的を一つの事として運動をすすめるところに、成功が見えてくると考えている。
[PR]
by project_oij | 2007-01-16 11:03

18年周期

 年が明けてもう4日。5日は大阪で、6日は去年に続いて伝統食品研究会の先生方主催のスタディーツアーで京都に行く。丹波篠山の黒豆の研究会で、地元の方から薀蓄をお聞きした後、黒豆料理と牡丹鍋(猪ナベ)に舌鼓を打つという寸法である。

 先生方のお話も楽しく、自分達だけでお聞きしているのはもったいないので、今年はOIJ四国支部の協力で年4回くらい『お母さんの食育レストラン』というイベントを催す予定を立てている。
 地産地消の運動に協力すると共に、お母さん方に、子供達を豊かな味覚を持った人間に育てていただきたくこのプログラムを実施することにした。
 
 日本の食の世界は今大変”貧しい”状態にあると思う。どのチャンネルをひねっても食い物番組ばっかり。タレント達は味を聞かれると「うまい、甘い、柔らかい」としか言わない。旨味とは、酸っぱみも、苦味も、硬さも,香りも含まれて生まれているものであるが、正常な味覚が失われているせいか、そんな貧しい表現しか出来ない。

 グルメとは、確か「大食」を意味したと思うが、日本人は総じて大食漢の餓鬼になってしまった。この現状は、日本の伝統的な食文化とあまりにかけ離れてしまっているのではないか。

 ところで今年は2007年。新年に当たって、何となく社会に出てからの時間を考えていたら、学研のサラリーマン時代が1969年から87年までの18年間、フリーになって、88年に横山事務所を立上げ、デジタル・トウキョーを立上げて、去年06年までが18年間である。偶然だろうが、これからのNPO法人プロジェクトOIJの活動が18年間になるということだろうか?

 まさかそんなに長生きできるわけはないだろうが、人生を序・破・急の3部構成と考えれば、「急」の期間は18年の半分の9年くらいはあるだろうから(と勝手に解釈して)、OIJを結成した時若いメンバーに約束した通り10年近くは基盤作りに貢献できるのではないか。

 もし、18年間も長生きできれば儲けものだが、今から18年経てば2025年で、この年は、日本近代80年周期説を唱えているOIJ大阪支部長の挽地さんによれば、85年から下降し始めた日本の後退の最下降の年に当たる。ちなみに80年前は1945年で、日本敗戦の年である。そのさらに80年前は1865年(慶応元年)で明治維新直前に当たる。
 挽地さんの説が正しければ、わが人生は最下点から始まり、最頂点を人生半ばで折り返し、最下点で終わることになる。

 三度目の日本の最下点がどんなになっているか、少し見たい気もするが、OIJ運動は、その最下点を少しでも早く終わらせて、日本に上昇の気運を起こそうとしているわけだから、いい意味で、挽地さんの周期説が外れるように努力したい。
 いやそうではなく、落ち続ける2025年までにしっかり人材育成をして、落ち切った時、上昇の核となる人材を育てる、ということなんでしょうね。

 みなさん、私はがんばりますよ!
[PR]
by project_oij | 2007-01-04 12:25


横山征次がOIJの理想をめぐる日々の想いを綴ります
以前の記事
2007年 07月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
最新のトラックバック
i get carrie..
from i get carried ..
2006 autodata
from 2006 autodata
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
cheap sprint..
from cheap sprint p..
ringtones ci..
from ringtones cing..
numa numa ri..
from numa numa ring..
real ringtone
from real ringtone
Fergie Clums..
from Fergie Clumsy ..
darth vader ..
from darth vader ri..
free wav rin..
from free wav ringt..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧