泥魚亭好日記 〈美しさを楽しみ夢を育てる〉



<   2006年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


ワタクシの誓い

 知人に勧められて、土曜夜、NHKで放映されている「チャングムの誓い」を見ている。
見はじめて2ヶ月くらいになるが、すっかり“はまって”しまった。
 毎週土曜日の放映が待てなくて、先週は”掟”を破ってDVDを借りて先のストーリーまで見てしまった。この分でいくと、ホントはあと数ヶ月かかる予定だが、来月中には全部見終わてしまうに違いない。なんでこんなにはまってしまったのか……。
 子供のころラジオの連続放送劇に夢中になって以来のような気がする。
 確かにストーリー展開のうまさは抜群だし、キャラのかぶりがなく人物の描き方もいいし、抑制の効いた恋愛表現も“おじさん族”を泣かせる。映像表現は古いパターンっぽさはあるが、それでいい、と納得させてくれる。激しいカメラワークや目の痛くなるようなアップテンポの編集など奇矯さは必要ないのである。

 映画の方でも韓流は、ハリウッドをしのぐ勢いだが、TVドラマも日本のような軽さ薄さ粗雑さがなく安心して見ていられる。韓国TVドラマの全部が全部こんな丁寧な作られ方をしているわけはないだろうが、一作でも一年間に渡ってこういう連続ドラマが作られるとは、端倪すべからざる国ではないか。
 韓国のTV視聴率はどうなっているだろうか。視聴率戦争によって、ただただ著名な俳優やアイドルやお笑いタレントを出演させている日本のドラマは、いい俳優の出番を失わせて惨憺たる有様だが、このドラマに出てくる俳優たちは、脇役陣も演技力がしっかりしている。古きよき日本がそこにあるという感じである。
 韓国は、歴史の重要性をよくわかっている気がする。韓国人の考え方や人生の見方など、このドラマには随所に出てくる。朝鮮民族の哲学をしっかり描いている。このようにあって欲しい人間像が、生活の場でたくさん描かれている。
 それに比べて、正面切って日本人の哲学や理想的な人物を描くようなドラマが日本にあるのだろうか。ドラマの多くはただ軽くおもしろくである。悲しい限りである。

 改めて、映画やTVドラマによる教育は極めて重要であると思う。OIJの運動の一環として、映像による展開を早い時期に開始したい。ワタクシの誓いである。
[PR]
by project_oij | 2006-05-29 17:18

当事者の不在

 土曜日に、ある私立大学のO学部長に会った。
 すでに定員割れをしているその大学は、給与カットをし、学内改革に向けて様々な施策を立てているようだが、現場の先生方に一向に危機感がなく、具体的にはなかなか進まないと、嘆いておられた。改革派のO部長は孤立してしまっているので、手伝って欲しいとの相談であった。当事者不在のまま傾いていく大学。座して死を待つしかない大学。よく聞く話である。

 少し前になるが、改革案を提出したある大学の学長は、「横山さん、学長を代わってくれないか。自分の任期は間もなく終わるので、この時期に矢面に立ってやるのはイヤだ」とおっしゃった。自分のことしか頭にない学長、ご専門は哲学である。
 ある大学の学部長の任期は2年間である。その間、学部長たちは自分の任期中に波風が立たないことをひたすら願う。その結果、大事なことは全て先送りとなる。決まらないのではなく、決めないのである。講師を増やすことはすぐ決まるが、減らすことはほとんど決まらないと、その大学の理事は嘆いていた。

 リスク管理などを教えている先生はたくさんいるはずだが、自らリスクを担って行動をするという学者のなんと少ないことか。
 そのO学部長もおっしゃっていたが、「教授たちに呼びかけても改革案がぜんぜん出てこない」のだそうだ。恐らく、案を出し自分が当事者にされることを恐れているのに違いない。

 企業の場合の改革は 社長が音頭をとって若手のプロジェクトチームを作り、権限を与えて一気に成し遂げていくというパターンが多いが、大学においてもそれをしないことには、悲劇的な状況を迎えるのは目に見えている。しかも、もしも”悲劇”が訪れたとしても、誰もその結果に責任は取ろうとしないのである。
 はっきりしたゴールの姿を描き、現在の自治体がそうであるように、理事長か学長が先頭を切って、活きのいいプロジェクトを作って走るしかないのではないか。
 多くの人間に当事者能力を求めても不可能である。「私がやる、私が責任者である」と宣言をされた方と、苦労や困難を覚悟でご一緒に取組むしかないと思う。
 O学部長には、十分そうした熱さを感じることが出来た。後は学部長のご決断があるのみである。
 
[PR]
by project_oij | 2006-05-22 12:11

心技体ということ

 「打撃の真髄ー榎本喜八伝」(松井浩著・講談社)を読んだ。
 日本プロ野球で最年少2000本安打を記録した名選手榎本喜八の話である。
1000本安打の記録では、イチローよりも早く達成している。
長島・王の一世代前の選手で、名前や活躍ぶりは何となく知っていたが、かくも凄まじい”求道の人”であったのかは知らなかった。

 松井さんの関心は、榎本という天才打撃職人への人間的興味が第一であるのはもちろんだが、それ以上に、日本人の身体に対しての深い技術探求、つまり、人間は自らの肉体を自らの意志と方法でどこまで自由にコントロールできるかを、榎本の求道の過程の中に探ろうとしている。
 4、5年前から武術に関心を抱くようになり、柳生新陰流に関する本などを読むようになっていたので、わりあいスムーズに読みすすめることが出来たが、通常は「臍下丹田」などといった、耳慣れない言葉がたくさん出てくるこの本は、まさに榎本選手が孤立していったように、若い世代には難しい内容であるに違いない。しかし、陸上の末続選手がナンバ走りに、巨人の桑田投手が古武道に飛躍のヒントを求める時代である。今の時代であればもう少し彼の言動は理解されていたであろう。

 武術の世界では、奥義を極めた人物に「達人」という尊称を与えるが、それがいかにスゴイコトであるのか、この本は教えてくれる。榎本が、死ぬほどの努力によって、技術的身体的には一度達人の域に手が届くが、その時期は実に短く、それから後は、転げるようにその域から落ちていく。選手として破綻してしまうまで落ちていく。

 榎本の悲劇は、結局「技」「体」を極めることは出来たが、「心」を極めることの出来なかった点にあるのではないか。様々な東洋的な訓練で、身体をコントロールする技術を達成した(と思われた)時、その現実に自ら感動し、”快感”に浸ってしまう榎本の姿が描かれているが、まさにその”快感”そのものに落とし穴があったような気がするのだ。
 それ以後は、榎本は、その”快感”を追い求め、そこに達しない自らを責め、達成できない緊張感が、「技」「体」の理想の形を忘れさせ、達人の域からどんどんと遠ざけていったように思えるのである。

 すべてのことに心が囚われることなく、「無心」になれるとは、人間にとっていかに大変なことか。千日回峰などの荒行があるのはその大変さの証であるに違いない。
 達人とは、結局、”今が頂点である”などと満足することなく、常に無心に生き続けることのできる人ということになるのではないか。そういう「心のあり方」のできる人のことではないか、という気がする。優れた芸術家が「あなたの一番気に入っている作品はどれか」と聞かれると「強いていえば最新作だが、まだない」などと応えるが、それは、そういうことなのではないか。

 少林寺拳法の達人、OIJに参加いただいている禅林学園の山崎校長にいつかお考えを伺いたいと思う。

 
[PR]
by project_oij | 2006-05-15 11:39

地方大学

 連休を利用して地方のある大学へ行ってきた。再生の候補に上がっている大学である。

 その大学は、小さな地方都市の郊外にあった。高速道路を下りて左右に水田を見ながらしばらく走ると,小高い丘が見えて来る。大学はその丘の上にあった。本部校舎をはさんで左右に二つの講義棟。こじんまりした大学である。休みのせいか人影は全くなく寂寞とした感じが漂っていた。
 校門の側に小学校で見かけるような動物小屋があった。学生たちの癒しのためにおいてあるのだろうか。何がいるのかのぞこうとしたら、後ろから6,7名の女子学生の一団が自転車に乗ってやってきた。そして、いきなり小屋に駆け寄って「生きてる!生きてるよ!」とはしゃいでいる。
 どこかで傷ついた動物を保護でもしたのだろうか、全員が無邪気に喜んでいる。都会の大学で大人びた学生たちばかり見ている私にとっては、子供のようなその姿に、不思議な感慨を覚えた。

 俗世と隔絶した戒律の厳しい僧院が似合いそうな場所にこの大学を建てた関係者たちは、ホントに定員どおり学生が集まると思っていたのだろうか。ただ、学生の数はともかく補助金が得られ、反対の少ない「公共事業」として大学が設置されたのではないだろうか。今日の破綻は想定内のことであったのではないか。想定外は、国や、県や、市やが支援を打ち切る、ということだったのだろう。こういう予想された破綻が、地方大学に多く見られるに違いない。
 
 今日のこの破綻の構図は、何も大学に限ったことではない。国家の経済体制の基本的な変化によって生まれていることであり、どこにも生まれており、どこにも持っていきようのない難題なのである。地方が「自立の思想」に目覚め、当事者として叡智を発揮しない限り、解決しない問題である。
 結局地域活性化とそれは同じように、地域特性を全国マーケットを視野に置きながら発見創造していくしか道はないのではないか。遠回りかもしれないが、何故この大学はここに生まれたのかを問い、”オンリーワン大学”の道を探ることである。

 まだ、詳しいことは発表できないが、この地方大学の再建策について、OIJは提案の準備をしている。そのためにも、私は直接この大学を見ておく必要があった。予想以上の厳しいところにある大学であったが、この立地空間を生かす方法はあるように思う。もっとも、この地の関係者たちに、変革への熱い思いと学生たちへの強い責任感を抱いてもらうことが、ぜったい条件であるのだが。 
[PR]
by project_oij | 2006-05-07 17:23


横山征次がOIJの理想をめぐる日々の想いを綴ります
以前の記事
2007年 07月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
最新のトラックバック
i get carrie..
from i get carried ..
2006 autodata
from 2006 autodata
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
cheap sprint..
from cheap sprint p..
ringtones ci..
from ringtones cing..
numa numa ri..
from numa numa ring..
real ringtone
from real ringtone
Fergie Clums..
from Fergie Clumsy ..
darth vader ..
from darth vader ri..
free wav rin..
from free wav ringt..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧