泥魚亭好日記 〈美しさを楽しみ夢を育てる〉



いじめ問題

 いじめ問題は、多くの自殺者を出し、もはや国家的な大問題として連日マスコミをにぎわしている。
 ともかくも自殺の連鎖を食い止めることが急がれ、そのための”対処療法”ばかりが目出っている。止むを得ないとはいえ、根源的な問題に迫る論調が少ないのが気になる。

 70年代に入ってだと思うが、「無責任・無関心・無気力」な若者が多くなったと社会問題になった。「あっしには関わりのねえことでござんす」という木枯し紋次郎がブームを巻き起こしたのもこのころである。
 80年代になると”軽チャ-文化”の時代に入って、テレビには笑いがあふれる。その一方で受験戦争で苛立つ子供が親を殴り殺すような事件がおきる。
 90年代に入ると真剣を売り物にする過激なプロレスや弱い者いじめをお笑いにするテレビ番組が視聴率を稼ぐ。事件の方は、神戸児童連続殺傷事件のような陰惨な事件が発生するようになった。
 そして00年代に入ると、親殺し、子殺しが日常的なニュースになってきた。

 ざっと振返っても、30年以上ほっておいてこういう状況を作り出してきたような気がする。日本人が壊れるのに30年かかったなら、再生していくのにも30年かかる。ホントはゼロ歳児からいかに教育をしていくのかが今問われているのだと思う。

 物質文明の持っている”毒”に気付いてはいても、資本主義の宿命的に持っている”もっともっと”の煽動で、個人の欲望は止まることを知らずに肥大化していく。これから中国などでも同じようなことが起きてくるに違いない。

 自由市場主義とは、セフティーネットを外した優勝劣敗の世界であり、「小さな政府」はその責任は自己にあると言い切っているのである。弱い者は見捨てられていく。

 孤立することは恐い。そんな恐怖感があり、日本の”多数派民主主義”の社会の中では、ともかく多数派にいたいと思い、多数派であることを、そこに属していることを証明するために、”はぐれ者”をいじめる。そこで落ちこぼれたものは、その抑圧をより落ちこぼれたものに移譲する。
 何もこれは子供社会のことだけではない。
 陰惨な事件はかくして”辺境”で多発することとなる。

 いじめの原因は、この社会がいや応なく抱え込んでしまっている根源的な問題である。誰もがその当事者である。そう自覚して自分は何をするべきかを考えるべきである。
 中でも日常において”最大の教育機関”であるTVの責任は大きい。視聴率至上主義によってどれだけの害悪を流しているか。もっともらしくメディアリテラシーの運動をしているなどという言い訳をせずに、リテラシーを育成する誇らしき番組を作って欲しいと思う。

 少なくも自分達の作っている番組内容の意味を問い直すべきである。
お笑い番組の持っている恐ろしさに気付くべきである。
[PR]
by project_oij | 2006-12-23 18:25
<< 18年周期 本社流出 >>


横山征次がOIJの理想をめぐる日々の想いを綴ります
以前の記事
2007年 07月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
最新のトラックバック
i get carrie..
from i get carried ..
2006 autodata
from 2006 autodata
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
cheap sprint..
from cheap sprint p..
ringtones ci..
from ringtones cing..
numa numa ri..
from numa numa ring..
real ringtone
from real ringtone
Fergie Clums..
from Fergie Clumsy ..
darth vader ..
from darth vader ri..
free wav rin..
from free wav ringt..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧