泥魚亭好日記 〈美しさを楽しみ夢を育てる〉



続・風の又三郎

 黒澤監督が亡くなられてからどれほどの時間がたってのことだったろうか。多分2年ぐらいは経っていたと思う。
 大学からの講演の依頼で樋口真嗣監督(今『日本沈没』で評判)のオフィスを訪ねた時のことだった。ドアを開けると正面にどこかで見たタッチの絵がかかっていた。それは、学帽をかぶり学生服を着た少年が身体をくねらせ飛翔しているような水彩画であった。私は見た瞬間に何故か、「これは風の又三郎だ!」と確信していた。
 樋口監督と会うと、早速「あれは誰の絵ですか?」と聞いた。「黒澤監督です」と樋口監督。
 「どうして黒澤さんの絵があそこに?」
 「今黒澤監督脚本の『翔べ!』という作品を僕が作っているからです」
 「そうですか、風の又三郎のシナリオは出来ていたんですね」
 「え?横山さん今何とおっしゃったんですか?」
 「風の又三郎。違うんですか、そのシナリオ?」
 「宮沢賢治の?」
 「ええ。実は・・・・・」
 それからしばらく、私は学研当時黒澤さんに「風の又三郎」の映画化を頼み、中断したいきさつを話した。あの絵は、多分主人公のイメージカットに違いないと伝えた。
 じっと聞いていた樋口監督は、「うーん……」とうなってから
 「何故横山さんは早く僕にそのことを話してくれなかったんですか」
と、半ば詰問するような調子で話された。
 「あのシナリオには、そんな背景があったんですか。全々知りませんでした。だから黒澤さんの意図が読み取れないまま作ってきたんです。言われてみると風の又三郎ですよね。もう8割完成しているんですが、それを聞いたら、このままでは完成出来ないな、困っちゃうなあ・・…」
といって、溜息をつかれた。
 なんということだろうか。黒澤さんはシナリオまで書かれていたのである。
 それをなんと特技監督の樋口監督が作っていたとは!

 それから、また数年を経て、「黒澤プロ」のTプロデューサーから別件で出版の相談を受けた。
その時、何となくまた風の又三郎の話になった。Tさんは当時は黒澤プロに属してはいなかったのでその話はご存知なかったからだ。
 樋口さんのことを話し終わった時のことであった。突然Tさんは「横山さんだったのですか!」というではないか。
 「樋口さんは結局完成をさせなかったんですよ。急にこれ以上製作ないと言い出して。原因が良くわからなかったんですが、今分かりました。横山さんが原因を作っていたんだ。たしか2億円が飛びましたよ」

 まさか樋口さんの作品が中断をしていようとは! あまりの驚きで一瞬言葉を失ってしまっていた。
 黒澤さんの完成の思いは、まだ終わってはいないのである。
 
[PR]
by project_oij | 2006-08-31 17:50
<< 公(おおやけ)について 風の又三郎 >>


横山征次がOIJの理想をめぐる日々の想いを綴ります
以前の記事
2007年 07月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
最新のトラックバック
i get carrie..
from i get carried ..
2006 autodata
from 2006 autodata
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
cheap sprint..
from cheap sprint p..
ringtones ci..
from ringtones cing..
numa numa ri..
from numa numa ring..
real ringtone
from real ringtone
Fergie Clums..
from Fergie Clumsy ..
darth vader ..
from darth vader ri..
free wav rin..
from free wav ringt..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧