泥魚亭好日記 〈美しさを楽しみ夢を育てる〉



最初のレポート

 大学に入って間もなく、教育学の時間だと思うが、「現在の日本の教育問題について」というテーマでレポートの提出が求められた。それが大学で最初に提出したレポートだった。
 何を書いていいのか全くわからず、小学生の時の体験を書いた。私は、小学校の時珍しい体験をしていた。

 何故なのか、よくわからないが、田舎の私の小学校では、普通児童と学力の劣っている児童と一緒になっている特別クラスが4、5,6年に1クラスだけ設けられていた。そのクラスでは、一人の普通児童が二人の劣っている児童を家庭教師のように週のうち何回か教える時間があった。私もその教える一人で、4年から6年生まで3年間そのクラスにいた。そのクラスでは6年生で、一桁の足し算などを教えたりしていた。

 その授業にどういう意味があったのか、よくわからないが、その時教えられる児童の家庭が
大変貧しかったことが印象に残っている。時代的にはまだ戦後も10年経ったばかりで、みんな貧しかったのだが、特に彼らの家庭はひどかったように思う。畑仕事を手伝わなければならず、学校を休む者もいた。衣服は着たきりでぼろぼろの子が多かった。

 学力の低さと貧困との因果関係をストレートにいうことは出来ないだろうが、私にとっては、それが現実の体験であった。
 今考えてみれば、レポートを提出した年は、東京オリンピックの昭和39年で、まさに日本の高度経済成長の時期にあたり、そんなことはもはや日本においては「現在の教育問題」などではなかったに違いない。もらった評価は「良」であった。

 私は、今そのクラスにいたことをに感謝している。小学校の高学年の時期に、「思いやる」「助ける」「役割をつくす」などといったことを、担任の教師から叩き込まれたからである。当り前のことをやらないと頬に平手が飛んできた。
 若い小学校の教師たちが理想に燃えてそんなクラスを作って実験をしていたのであろう。問題点も多かったと思うが、教師たちの熱い思いが伝わってきて、子供なりに必死で応えようとした。

 先日テレビで見た小学校6年のクラスでは、叱る先生に「ウザッたい!」といって教室を出て行く子供がいた。その子供に先生は何も言わないのである。
 今は親も先生も社会も寄ったかって子供をダメにしていく。こんな時代がかつてあったのだろうか。しかも当事者としての罪悪感などほとんどなくヘラヘラしながら事態は悪化していく。恐ろしい時代である。
 
[PR]
by project_oij | 2006-07-31 12:11
<< よってたかって チャップリンの言葉 >>


横山征次がOIJの理想をめぐる日々の想いを綴ります
以前の記事
2007年 07月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
最新のトラックバック
i get carrie..
from i get carried ..
2006 autodata
from 2006 autodata
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
cheap sprint..
from cheap sprint p..
ringtones ci..
from ringtones cing..
numa numa ri..
from numa numa ring..
real ringtone
from real ringtone
Fergie Clums..
from Fergie Clumsy ..
darth vader ..
from darth vader ri..
free wav rin..
from free wav ringt..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧