泥魚亭好日記 〈美しさを楽しみ夢を育てる〉



ワタクシの誓い

 知人に勧められて、土曜夜、NHKで放映されている「チャングムの誓い」を見ている。
見はじめて2ヶ月くらいになるが、すっかり“はまって”しまった。
 毎週土曜日の放映が待てなくて、先週は”掟”を破ってDVDを借りて先のストーリーまで見てしまった。この分でいくと、ホントはあと数ヶ月かかる予定だが、来月中には全部見終わてしまうに違いない。なんでこんなにはまってしまったのか……。
 子供のころラジオの連続放送劇に夢中になって以来のような気がする。
 確かにストーリー展開のうまさは抜群だし、キャラのかぶりがなく人物の描き方もいいし、抑制の効いた恋愛表現も“おじさん族”を泣かせる。映像表現は古いパターンっぽさはあるが、それでいい、と納得させてくれる。激しいカメラワークや目の痛くなるようなアップテンポの編集など奇矯さは必要ないのである。

 映画の方でも韓流は、ハリウッドをしのぐ勢いだが、TVドラマも日本のような軽さ薄さ粗雑さがなく安心して見ていられる。韓国TVドラマの全部が全部こんな丁寧な作られ方をしているわけはないだろうが、一作でも一年間に渡ってこういう連続ドラマが作られるとは、端倪すべからざる国ではないか。
 韓国のTV視聴率はどうなっているだろうか。視聴率戦争によって、ただただ著名な俳優やアイドルやお笑いタレントを出演させている日本のドラマは、いい俳優の出番を失わせて惨憺たる有様だが、このドラマに出てくる俳優たちは、脇役陣も演技力がしっかりしている。古きよき日本がそこにあるという感じである。
 韓国は、歴史の重要性をよくわかっている気がする。韓国人の考え方や人生の見方など、このドラマには随所に出てくる。朝鮮民族の哲学をしっかり描いている。このようにあって欲しい人間像が、生活の場でたくさん描かれている。
 それに比べて、正面切って日本人の哲学や理想的な人物を描くようなドラマが日本にあるのだろうか。ドラマの多くはただ軽くおもしろくである。悲しい限りである。

 改めて、映画やTVドラマによる教育は極めて重要であると思う。OIJの運動の一環として、映像による展開を早い時期に開始したい。ワタクシの誓いである。
[PR]
by project_oij | 2006-05-29 17:18
<< 思い出づくり 当事者の不在 >>


横山征次がOIJの理想をめぐる日々の想いを綴ります
以前の記事
2007年 07月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
最新のトラックバック
i get carrie..
from i get carried ..
2006 autodata
from 2006 autodata
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
cheap sprint..
from cheap sprint p..
ringtones ci..
from ringtones cing..
numa numa ri..
from numa numa ring..
real ringtone
from real ringtone
Fergie Clums..
from Fergie Clumsy ..
darth vader ..
from darth vader ri..
free wav rin..
from free wav ringt..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧