泥魚亭好日記 〈美しさを楽しみ夢を育てる〉



てっこんさん

 CGアーティストの「てっこん」さんから突然のメールがあった。
もう10年以上前、出版社と組んで育児用CD-ROMを企画して以来の連絡である。
懐かしくてすぐ電話し、翌日会うことにした。

 「てっこん」という珍しい名前は、若き画学生であった彼のために、ある易者がつけてくれた画号である。もともとは漢字であったが、その漢字が気に入らなくて音だけもらって平仮名で表記するようにしているそうだ。
 てっこんさんは、ずっと「ひらけ!ポンキッキ」のCG映像を作っている。その間たくさんのCG短編アニメの他、35体にのぼるキャラクターを作っている。その全体のビジネス展開をプロデュースして欲しいという依頼であった。

 てっこんさんのやさしいお人柄とユニークな発想から誕生した”TEKKON WORLD”の住人たちはとても魅力的だ。ビジネス的な興味もあるが、美しい色彩と不思議な形をした生き物たちに魅せられ、面白いプロジェクトになると思い、すぐOKした。
 てっこんさんの世界は、長新太の絵本のようなファンタジーさと、オノ・ヨーコのようなユーモラスだが本質をズバっとついてくるような鋭さにあふれている。
 35体のキャラクターを生かして、単純でオシャレな話を作り、連続アニメにしたら幼児たちの人気を集めるのではないかと思う。才能のあるストーリー作家を見つけてプロジェクトを組めば、相当面白い仕事になるのではないか。そう思って提案すると、てっこんさんも是非にとおっしゃる。共振し合える人との話は楽しい。どんどん夢が膨らんでいく。

 OIJで企画している幼・小児のための“現代版寺子屋”夢育塾のシンボルキャラクターとしてもいいのではないかと思う。
 教材案もてっこんさんからアイデアをいただいた。
 また、いい萃点に出会えたようだ。
[PR]
by project_oij | 2006-04-10 13:14
<< 三段の壁 キャリア形成 >>


横山征次がOIJの理想をめぐる日々の想いを綴ります
以前の記事
2007年 07月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
最新のトラックバック
i get carrie..
from i get carried ..
2006 autodata
from 2006 autodata
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
cheap sprint..
from cheap sprint p..
ringtones ci..
from ringtones cing..
numa numa ri..
from numa numa ring..
real ringtone
from real ringtone
Fergie Clums..
from Fergie Clumsy ..
darth vader ..
from darth vader ri..
free wav rin..
from free wav ringt..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧