泥魚亭好日記 〈美しさを楽しみ夢を育てる〉



萃 点

 たくさんのことが集まり交差する点を萃点という。粘菌の研究で高名な明治の天才博物学者南方熊楠は、偶然と必然の交点を萃点といっているようだ。真理の発見とはまさに萃点にある、とは多くの優れた学者たちも吐露しているところである。
 前夜の実験の失敗という偶然がノーベル賞をもたらした。分子の構造が美しかったので、そちらを選んだら大発見につながった。大学の裏庭の土を記念に集めたらその中に新発見をもたらす酵素があったなどなどである。偶然は、必死で研究している者への“神からの贈物“ということかもしれない。

 プロジェクトOIJに奇跡をもたらしている“萃点”があることは、前回述べたとおりである。まだほんの一歩を踏み出したばかりだが、困難と思われていたことに突破口を与える人物が突然登場してくるのである。説明のつかない偶然が重なっている。
 OIJの萃点は、恐らく
  ①実現への強い思いを持続させること
  ②その思いを多くの人に語ること
  ③行動をすることを止めないこと
 によって生まれてくるに違いない。是非ご協力をお願いしたい。
 
 挽地さん、杉崎さん、太田さん、安井さんたちのご協力で、ステキなロゴとホームページが出来上がった。基本コンセプトをしっかり理解していただいた上での作品で、ホントに感激している。
 特に、ロゴマークは、“動いているものをそのまま形にして欲しい”という、無茶な注文であったが、 挽地・杉崎コンビが信じられないようなデザイン力でそれをものにしてくれた。
 どんな必然と偶然が重なって「萃点」が生まれたのか、17日の総会でじっくりお話をお聞きしたいと思う。
[PR]
by project_oij | 2006-04-04 22:45
<< キャリア形成 大器晩成 >>


横山征次がOIJの理想をめぐる日々の想いを綴ります
以前の記事
2007年 07月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
最新のトラックバック
i get carrie..
from i get carried ..
2006 autodata
from 2006 autodata
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
cheap sprint..
from cheap sprint p..
ringtones ci..
from ringtones cing..
numa numa ri..
from numa numa ring..
real ringtone
from real ringtone
Fergie Clums..
from Fergie Clumsy ..
darth vader ..
from darth vader ri..
free wav rin..
from free wav ringt..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧